目的を明確にする

家01

普通の人は住宅を建設する機会は一生に何回もありません。
慎重に検討して住宅を建設しても住んでみるとこうすれば良かったという反省点が必ずのように出てきます。
お金を掛けたばかりですからすぐには直すことが出来ません。
リフォーム工事をする時には新築時の反省点を改善するチャンスです。
家の細部の拘りでもリフォームの時であれば改善可能です。
新築の時の入居時に感じた細部の拘りを思い出して、リフォームの打ち合わせの席で設計士に検討してもらいます。
最近の技術の進歩はリフォームでも新築並のことが出来るようになっています。
新たに新しい家を建設するつもりで自分の細部の拘りを図面に展開してもらい、実際に実現してもらうことが出来ます。

以前リフォームといえば、外壁や屋根のペンキの塗替えが主になっていました。
街を歩いていると外部に足場を架けて周りを養生シートで覆った現場が目に付きました。
大規模なリフォームをする家はあまりありませんでした。
大規模なリフォームが必要になるくらいになると建て直すために解体されるのが普通でした。
耐久性のある建設資材の使用で家の寿命が延びています。
構造上重要な躯体の部分がしっかりしていれば建て替えをする必要はありませんので、リフォーム工事が増加しています。
躯体部分だけを残して全面的にリフォームをするkとも可能になっています。
費用はかかりますが、工事期間が短くなり、コストも新築よりは割安で出来ますから今後ともリフォーム工事の増加が見込まれます。